torari_header.gif
タイでお仕事を探すなら、バンコクジョブ!

2016年10月16日

モノクロの街

日本でも実父が他界したときは、1年間、喪に服します。
一周忌を迎えるまでの期間は、お祝い事などを避け、
初詣も行かず、年賀状も出さないことが通例です。

故プミポン国王はタイ国民にとって「父」なる存在
(或いはそれ以上の存在)でしたから、
公務員や政府関係者の喪服期間が一年間と聞いても、
さほど驚くことではないと思います。

日本の方々の大半は驚かれていましたが、
一年喪に服すからと言って、
非常事態に陥っているわけではありません。
混乱もなく、平穏です。
物流もストップしていません。

変化があったと言えば、
家を出ると目に入るモノが「モノクロ」になったことです。
道行く人々の装いも、店舗のディスプレイも。

CK2.JPG
↑こちらの画像をご覧下さい、昨日撮ったものです。

整然と並ぶ黒一色の洋服。
この用意周到ぶりには、度肝を抜かれました。
亡き国王はこの2年ほどご容態が不安定でしたので
万が一に備えていたのでしょうが、
とはいえ、さすが情報戦に長けており敗戦を免れた
ここ「タイ王国」に生きる人々の成せる業だと思いました。

前向きです、たくましいです。

モタサイの運転手さんも警備員さんも
黒い服を着て、いつも通り働いていました。
お休みすると思っていたメーバーンさんも
お掃除に来てくれました。

娯楽施設は無音営業や臨時休業もあるようですが、
一般的な商業施設や飲食店の大半は、通常通り営業しています。
(一部のお店はお酒の販売を控えているようですが)

きっと、敬愛するお父様が礎を築いてくれた
この国の経済活動を鈍化させまいと、
哀しくても涙をこらえ、踏ん張っているのです。

このようなタイの人々に
見習うべくことは多いと感じた一日でした。





「トラーリのバンコクライフ」は人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

posted by tora-ri at 03:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラーリ日和
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442839371

この記事へのトラックバック
人気blogランキングの順位をチェック!
トラーリのバンコクライフ