torari_header.gif
タイでお仕事を探すなら、バンコクジョブ!

2011年10月22日

三連休初日

今日からタイは三連休。
洪水被害のニュースを見守りながら、
自宅の片付けなどをして過ごした初日でした。

どうやら雨季が明けたとみえ、
朝からとってもいい陽気。
(洪水の心配さえなければ、とってもいい気分になれるのに)

ふと窓を開けて下に目を向けると
お隣さんのお父さんが「即席いかだ」をつくっていました。

ikada.JPG
こどもたちが楽しそうにお父さんの日曜大工を手伝っていました。
(これを使う事態にはならないでほしいと願うばかり;;)

反対のお隣さんは、業社を呼んで、
玄関前にコンクリートの防水壁をつくっていました。

うちは2階だけど、
車は1階に駐車しているし、
ある程度の備蓄は確保してありますが
水位によっては避難しなくては・・・。

今日はドンムアン、ラクシー、ラムルッカ地区の
一部に浸水がはじまっています。
工業団地はラカバンとバンチャンの危険性が高まっています。

水は、1日に5kmのペースで南下している様子なので、
あと3〜4日のうちにバンコク中心部に到達するような気がしています。

今日のインラックさん、
マスコミのインタビューに困惑した表情で、
「バンコク市内が浸水するとした場合、
水位は低いかも知れないし1mを超えるかも知れない、
それは各エリアによって違うので一概に言えない、
とにかく、家財をいところに移動して
状況を注視するように」(と同じことを)語っていました。
それ以外には、
「できるだけ市民の被害を最小限に留めるように
 急ぎ海への放流を促している」と、
これも何度も聞いたような・・・。

貴重品をいところに移動して情報を待つなんてこと、
いちいち言われなくても誰でもやりますよね。

いま、市民が知りたいのは、
自分の地域に浸水の可能性があるとしたら、
どのくらいの水位なのか、
どのくらいの事態になったら避難すればいいのか、
どこに、どうやって避難すればいいのか、
という具体的な指示、助言ではないでしょうか。

3日程前から大きな被害が出ているバーンブアトーン地区には
各家庭で孤立した方々がまだ大勢残っていて、
毎日、大勢の救助員がボートで助けに入っていますが
まだ全員救い出せていません。
孤立している家庭が散在していて
行き届かないために時間を要しているように見えます。

どうして政府が浸水前に避難勧告を出して
一ヶ所に集合させる動きをとらないのでしょう。
また、これから浸水の危険性がい地域に高台を設けたり
各地区に避難所を確保して、
市民に「事前に」避難を促すことをしないのでしょう。

場当たり的な策しか講じないタイ政府。
今回の事態で、その信頼が失墜しまくっている印象を受けます。



「トラーリのバンコクライフ」は人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

posted by tora-ri at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラーリ日和
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

2011年10月21日

今朝の様子

日本より心配してくださっている方が多いので、
今朝の様子をブログアップします。

バンコク中心部への浸水はまだありません。
トラーリは通常通りオフィスに出勤しています。
車が少ないのでスイスイ来ました。

バンコク北部の浸水が始まったと報道されていますが、
それはランシットに近いエリアだと思われます。
昨日、バンコク都知事がドンムアンやラクシー地域に
家財を極力上階に運び状況を注視するよう警戒を呼びかけました。

バンコク市民は自家用車を守ろうと、
ショッピングモールやデパートなどの上階に駐車をしていますが
中心部の駐車場はどこもほぼ満車のようです。
(スワンナプーム空港の駐車場も2日程前からすでに満車です)

高速道路脇に無断で駐車する者も多く、
一部、警察が撤去をはじめています。
(こんなときに警察の労力をそんなことに使う羽目になるとは・・・
 なんで事前に取り締まらなかったのでしょう;;)
うちのパートナーはラプラオ居住。
大家族で自宅に6台の乗用車があるので
どこに持っていこうか、昨日、頭を悩ませていました。
(ラプラオは土地が低いので特に要注意です)

一方、パトゥムターニー県バンガディー工業団地では
昨夜から一部、水が入りはじめていると聞いています。

ノンタブリー県のバーンブアトーン地域では
一昨日からの急な浸水により大勢の市民が非難しています。
高齢者や病人が多数孤立しておられ
救援ボートで少しずつ救出されています。
庭付き一軒家が多い住宅地なので、
わんこやにゃんこ、うさぎさんを抱っこして
避難する場面も多々目にしました。
皆、家族ですからね。

明日から3連休。
バンコクの浸水は今夜あたりからが
山場なのではないかと思っています。


「トラーリのバンコクライフ」は人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

posted by tora-ri at 08:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラーリ日和
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

2011年10月19日

大使館からのお知らせ(10月19日21時)

タイ北部・中部及びバンコク都における降雨・洪水被害に関する注意喚起
        (2011年10月19日現在)

1.降雨・洪水被害に関する注意喚起については、
累次「大使館からのお知らせ」におきまして発出しているとおりです。
河川の氾濫及び洪水被害は、アユタヤ県からパトゥンタニ県、
ノンタブリー県に及んでおり、
チャオプラヤー川下流のバンコク都に向かって拡大しています。

2.19日、スクムパン・バンコク都知事は、
ランシット方面から大量の水がバンコクに流れ込む可能性があるので、
都内7つの地区の住民に対して所持品を高い場所へ移すよう注意を呼びかけております。
●ノンジョーグ地区(3)
●バンケーン地区(5)
●ミンブリ地区(10)
●ラッカバン地区(11)
●サーイマイ地区(42)
●カンナヤーオ地区(43)
●クローンサムワー地区(46)  
*地図については大使館ホーム・ページ参照して下さい。

3.ついては、バンコク中心部においても最新の情報を収集し、
バンコク北部からの洪水の広がり状況に警戒するとともに,
安全な場所の確保等の安全対策を早めに講じて下さい。

日本大使館ホーム・ページ
「タイ洪水被害関連情報」
http://www.th.emb-japan.go.jp/

・・・

政府はバンコク中心部の一部が被害を受けることが
やむを得ないという発言をしはじめました。
(今日、洪水対策本部のおじさんが
 「自然災害なのでコントロールを超える場合がある」と言っていましたが、
 はじめから素直に認めていたらこんなに批判されなかったでしょうに・・・)

バンガディー工業団地には浸水は始まっておりませんが
今日の夕方までに大半の従業員は避難したと聞いています。
ランシット方面からの着々と水が南下しており、
ドンムアン空港に水が到達すると予想されています。
そちらからバーンスー方向に水が南下した場合、
バンコク中心部では戦勝記念塔(アヌサワリーチャイ)に水が
及ぶことが危惧されています。

ノンタブリー在住の知人は、
昨日あたりから既に床下浸水が始まっているようです。
家屋の外から水が入ってくるのではなく、
下水管や床のタイルの小さな溝から水が沸き上がってくるので
恐ろしいと話していました。

トンローはセーンセープ運河が近いので要注意ですね。



「トラーリのバンコクライフ」は人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

posted by tora-ri at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラーリ日和
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

2011年10月17日

大使館からのお知らせ(洪水関連3)

下記、19時半頃に入った大使館からのお知らせメールです。

       【大使館からのお知らせ】
 
タイ北部・中部及びバンコク都における降雨・洪水被害に関する注意喚起
       (2011年10月17日現在)

1.今般、当館ホームページ上に「タイ洪水被害関連情報」コーナーを
設けましたので参考にして下さい。
http://www.th.emb-japan.go.jp/

2.降雨・洪水被害に関する注意喚起については、
累次「大使館からのお知らせ」におきまして発出しているとおりです。
17日現在、河川の氾濫、冠水等は、アユタヤ県から
チャオプラヤー川下流のバンコク都方面に向かって
引き続き広がりを見せつつあり、
パトゥンタニ県及びノンタブリー県の一部地域及び工業団地を含め
被害が拡大しています。
特に、17日、タイ政府は、パトゥンタニ県に所在するナワナコン工業団地
及びその周辺の地域に冠水が確認されたことから、
同地域の住民に対して避難勧告を発出しました。

3.(1)バンコク都内においては、15日〜16日にかけて高潮のピークを迎え、
海面潮位の上昇によるバンコク中心部への洪水被害の拡大が懸念されておりましたが、
報道によれば、これまでのところバンコク中心部において
大きな被害は発生していない模様です。

  (2)チャオプラヤー川沿いなど一部の地域においては
降雨により一時的な冠水被害が発生しており、
今月末には、再度タイ湾の潮位が高くなることから、
今後の気象状況如何によって、集中的な豪雨がある場合には
バンコク中心部においても冠水する危険性があります。

  (3)引き続き、チャオプラヤー川その他の河川・運河等の増水、
パトゥンタニ県及びノンタブリー県等における冠水の状況に警戒して下さい。

・・・

浸水地域はすこしずつ南下しています。
バンコク中心部に被害が及ぶのは4〜5日後になるかも知れませんね。


「トラーリのバンコクライフ」は人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

posted by tora-ri at 21:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | トラーリ日和
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

2011年10月16日

動物たちも・・・

タイ政府は1149隻の船を使い
河川水の流速を促す作戦を打ち出しました。
今朝、ノンタブリ県で開会式が行われ、
インラックさんは笑顔で民衆に手を振っていました。
これで、バンパコン河、タージーン河、チャオプラヤー河の
流れが速まり海に流れ出やすくなるそうです。

原始的なやり方ですが、効果はあるのでしょうか。
(政府に他に何も手立てがないから
 パフォーマンスをしているだけのような・・・)

一方、各被災地には多数のボランティアが集まり
被災者への炊き出しや支援が行われています。

一昨日、避難ボートの上で
無事に男児を出産した女性のニュースを見て涙しました。
今日も三ヶ月の赤ん坊を乗せたボートが転覆し
危機一髪だったニュースを見ました。
過酷な状況・・・胸が痛みます。

当然ながら人間だけではなく、
家畜や野生動物も被害を受けているようです。
わんこ、にゃんこ、モーモー、ゾウさんなど。
(逃げ出したワニや蛇が泳いでいるので危険ということも聞きます。
 もちろん彼らも必死で逃げているだけなのでしょうが・・・)

(↓)フェイスブックでどなたかが載せていた画像です。
wanko&kozaru.jpg

ナワナコン工業団地はまだ浸水などの情報は入っていません。
徹夜で土のう積みなどの作業をしている方々が大勢います。
ほんとうにご苦労さまです。

タイ国内ですと義援金を受け付けている機関や銀行が多くありますが
日本国内ではないのかしら?と思っていたら、
在京タイ大使館が義援金の窓口を開設したそうです。
〜参考〜
http://www.thaiembassy.jp/rte1/index.php?option=com_content&view=article&id=642%3A2011-10-14-07-48-35&catid=45%3A2009-08-28-06-01-13


「トラーリのバンコクライフ」は人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

posted by tora-ri at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラーリ日和
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

2011年10月15日

今日はバンパインが・・・

※先程、「バンパイン」を「バンパコン」と間違って記載していました。
(指摘くださったNさん、ありがとうございました!)

今日、ローカルニュールや知人より得た情報です。

バンパイン工業団地には昨夜からすこしずつ浸水が始まり、
夕刻18時頃の時点で既に4.5mの水位に達したそうです。

ハイテック工業団地(昨日から浸水が始まっています)内の
某日系工場付近で、水に流れ出して化学物質が反応したことで発火し
タイ人2〜3名が軽傷を負ったそうです。

タイ政府は、「バンコク中心部の安全は確保できる」と言っていますが
すでにドンムアン空港のすぐ上まで水が押し寄せてきているのに、
ここだけ回避できるとは思えません、気休めだと思います。

タイクリさんに泣き出すインラック首相の記述がありました(↓)
http://www.thailandclip.org/archives/3091491.html
(この画像はフェイスブックなどで出回っているようです、
 ほんとうに泣いているかどうかは分かりませんが、
 泣きたい気持ちであることは確かでしょう)

たしかに首相になったばかりの彼女には
大変な試練であろうと思います。
もともと、タイに戻って来られないお兄さんの代理として、
また「タイ初女性首相」としてかり出された
客寄せパンダだったのだし・・・
少々気の毒にも思えますが、
頼りなくとも彼女を選んだのはタイの国民です。

今年は例年の雨量に比較し、
上半期だけで1.5倍近くの降水量であったことは
タイの気象庁に数字が出ていたはずだし、
北部のダムの放流を数ヶ月前から計画的に行っていたら
こんな事態には陥らなかったのではないでしょうか。

選挙やらナンやらに気をとられて数ヶ月、
タイの政府がなーんにも機能していなかったから
こんなことになったのです。
アピシット時代から、
なにも対策されていなかったしわ寄せが来たのです。
(まあ、今回発足した洪水対策本部には
 アピシットさんも出動してインラックさんと協力し
 対策を練っていた様子がニュースに出ていましたが・・・)

バンコクの日本人小学校は木曜から休校しています。
お子様のいらっしゃる家庭では、
日本に一時帰国される方も多いでしょう。
そのほうが賢明だと思います。



「トラーリのバンコクライフ」は人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

posted by tora-ri at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラーリ日和
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

2011年10月14日

今朝のニュース

今朝のローカルニュースによると、
政府がバンコクを東西に挟む河の水門を開き
バンコク中心地が浸水しないように対策を講じているとか。
しかしバンコク市内でも東西の端(周囲)の地域では
一部被害があることを予測しているそうです。
(とくにギンゲーオ地区は
 日曜日あたりに浸水の可能性が高いらしいと
 別ルートで聞きました。)

HIーTECH工業団地内は一部の工場に浸水が始まっていますが、
ニュースの映像ですとひざ下の水位でした。
タイ国内の工場被害は、12日の時点で930工場、
13日に973工場に増えたそうです。

これから注意が必要な工業団地は、
1)バンパコン工業団地
2)バンプー工業団地
3)バンプリー工業団地
4)ウェルグロウ工業団地 の4ヶ所が挙げられていました。




「トラーリのバンコクライフ」は人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

posted by tora-ri at 07:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラーリ日和
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

2011年10月11日

無念至極

ロジャナ工業団地が冠水してしまったこと、
現実とは思えませんが信じざるを得ません。
かつてわたしが通っていた、
あの工場を創りあげ守ってきた方々の顔を思い浮かべると
心から悔やまれ悲しい気持ちです。
そんな感情的なことをつぶやいている場合ではなく
洪水被害に遭った多くの方々に何をしてあげられるか、
または今後の対処などを考えなくてはいけないのですが・・・

とはいえ、無念、です。

前代未聞の洪水被害。
ここまでの被害を誰が想定できたでしょうか。
被害はアユタヤ県では留まらないでしょう。
大手日系自動車メーカーはじめ200社以上の企業が
壊滅的な事態に陥っているのですから
日本の製造業界にも多大な影響を与えるに違いありません。

なのに、タイの洪水被害について
日本国内ではあまり報道されないのはなぜでしょうか。




「トラーリのバンコクライフ」は人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

posted by tora-ri at 00:04 | Comment(8) | TrackBack(0) | トラーリ日和
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

2011年10月10日

大使館からのお知らせ(洪水関連2)

以下、タイ大使館からのお知らせです。


 タイ在留邦人の皆様へ
【大使館からのお知らせ】

タイ北部・中部地域及びバンコク都における
降雨・洪水被害に関する注意喚起
 (2011年10月10日現在)

1.報道によれば、7月以来続いている豪雨により
タイ北部・中部の広い地域において河川の氾濫、土砂災害、
冠水被害等が発生しており、10月10日現在で260人以上の
死者が出ている模様です。特に、アユタヤ県内においてチャオプラヤー川
及びノイ川の氾濫により甚大な被害が発生しております。
また、バンコク都内においても、チャオプラヤー川及び
運河の水位が上昇しており、川沿いの地域においては
一部冠水被害も発生しております。
なお、気象予報によれば13日〜18日にかけて
高潮を迎えることから、海面潮位の上昇が見込まれております。

2.9日(日)インラック首相は、
「タイ北部及び中部における雨量は減少傾向にあり、
チャオプラヤー川の水量に関しては、
ナコンサワン県内で12日から13日にかけて最大規模になる
と見られるものの、約1週間ほどで水量は徐々に減っていく。

チャオプラヤー川全体で平均すれば水位の上昇は20センチメートル
を超えないと見られるが、いずれにせよ、タイ政府としては、
堤防の状態を注視していく。
今後注意すべき地域としては、
アユタヤ県のバンパイン及びワンノーイが挙げられる、
住民の方々は関連情報に注意して欲しい。
また、バンコク都内に関しては、西部で放水の準備を急がせており、
下東部及び、スワンナプーム周辺における排水溝の掘削を命じたところである。
川の周辺及び堤防外地域の住民に対しては、
関連情報に注意するとともに、家財を域外に移すといった準備をお願いする。」
旨述べています。

3.なお、9日(日)、バンコク都排水・下水局
(Drainage and Sewerage Department)は、
以下のとおり洪水リスクの高い都内13区15カ所を発表しました。
その中には、在留邦人の方々が多く居住されておりますワッタナー区
(スクンビット通りのソイ39〜49)、
ディンデーン区(ラチャダーピセーク通りのロビンソン・デパート付近)、
チャトゥチャック区(ラードプラオ交差点)、
プラカノン区(スクンビット通りのクロンプラカノン〜ラーサール小径)
が含まれております。

○サートン区:チャン通り、セントルイ通り、サートゥプラディット通り
○パヤータイ区:パホンヨティン通り(クロンサムセーン〜クロンバンズー)
○プラカノン区:スクンビット通り(クロンプラカノン〜ラーサール小路)
○ワッタナー区:スクンビット39〜49
○ワントンラーン区:ラードプラオ通り(クロンラードプラオ〜ザモールデパート)
○ブングム区:ナワミン通り(クロンドンイーガー〜プラサートマヌーキット交差点)
○ディンデーン区:ラチャダーピセーク通り(ロビンソン・デパート付近)
○チャトゥチャック区:ラチャダーピセーク通り(ラードプラオ交差点)
○ラチャテーウィ区:ペブリー通り(バンタットン通り〜ラチャテーウィ交差点)
○ラチャテーウィ区:ニコムマカサン通り
○ラチャテーウィ区:ラマ6世通り(プラチェチン市場付近)
○バンケー区:ぺカセーム通り(ソイ63)
○ヤナワー区:エンアガート通り(ナーンリンチー通り〜シーバムペン小路)
○プラウェート区:シーナカリン通り(クロンターサード〜クロンターチャン)
○プラナコン区:サナムチャイ通り〜マハーラート通り

4.つきましては、特に、アユタヤ県内及びナコンサワン県内への渡航を
計画されている方におかれては、気象及び水害の状況等の情報収集・把握に努め、
予報や警報にも留意しつつ、日程・移動経路又は訪問地を変更したり、
不要・不急の渡航・移動を控えるなど、災害や不測の事故に巻き込まれないよう、
行動予定を慎重に検討してください。また、同地域に滞在されている方は、
最新の情報を収集し、災害に備え、懐中電灯、携帯用ラジオ、
カートリッジ式ガスコンロ等を手元に置いておくほか、飲料水・食糧を備蓄し、
家族等に緊急の連絡先を知らせ、事前に避難場所を確認するとともに、
必要な場合には安全な場所で待避する等の安全対策を講じてください。


(問い合わせ先)
在タイ日本国大使館
○領事部
電話:(66-2)207-8502、(66-2)696-3002(邦人援護)
FAX :(66-2)207-8511
○経済部(日本企業支援センター、夜間は上記連絡先に願います)
電話:(66-2)207-8595
FAX :(66-2)207-8517

(タイ政府関係機関ホームページ/連絡先)
○タイ政府水害・風害・土砂災害特別対策センター
(国内各地の被害状況の日報の英語版が入手可能)
http://disaster.go.th/dpm/flood/floodEng.html

○タイ気象局気象予報(英語版)
http://www.tmd.go.th/en/7-day_forecast.php

○タイ首相府ホットライン(英語対応可)
1111(電話番号)

○タイ観光警察(英語対応可)
1155(電話番号)


「トラーリのバンコクライフ」は人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

posted by tora-ri at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラーリ日和
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

ロジャナが・・・

昨日(9日)の午前中には、
「HONDA社の土嚢が一部決壊したが修復して浸水は押しとめた」
と報道されていましたが、
昨晩、ロジャナ工業団地を囲む6.5mの堤防が決壊して
工業団地内約200社が浸水した報道されています。
http://www.bangkokpost.com/news/local/260523/industrial-estates-sent-reeling

今後、洪水被害はパトゥムターニー、バンコクへ拡がる可能性が
非常に高く深刻な状況です。



「トラーリのバンコクライフ」は人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

posted by tora-ri at 08:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラーリ日和
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

2011年10月08日

同窓会

なつかしい仲間と会いました。
チュラロンコン大学時代の友人たち。

なかには10年ぶりに会った子もいました。
その後、起業したり博士課程で学んでいたりと
皆の生き方はさまざま。
でも相変わらずアホ話が出来るって嬉しいなぁ、この空気。

しかも、日本から来た友人(夫妻)を迎えたお食事会だったのに、
トラーリのお誕生日とたまたま重なったからということで
お誕生ケーキでお祝いしてくれました。
BDcake2011.JPG
なんだかとっても幸せな気持ちになりました。

chula-member1.JPG
みんな、ありがとう♪



「トラーリのバンコクライフ」は人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

posted by tora-ri at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラーリ日和
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

2011年10月07日

大使館からのお知らせ(洪水関連)

以下、大使館からのお知らせメールです。

タイ北部・中部地域及びバンコク都における降雨・洪水被害に関する注意喚起
            (2011年10月7日現在)

1 報道等によれば、7月以来続いている豪雨により
タイ北部・中部の広い地域において河川の氾濫、土砂災害、
冠水被害等が発生しており、10月6日現在で200人以上の死者が
出ている模様です。
同地域では今後もまとまった降雨が予想されており、
特にアユタヤ県内においてチャオプラヤー川及び
ノイ川の増水に伴う洪水被害が更に大きくなる危険性があります。

2 また、バンコク都内においても、
チャオプラヤー川及び運河の水位が上昇しており、
川沿いの地域においては一部冠水被害も発生しています。

3 つきましては、続く降雨により洪水被害等が発生している
タイ北部・中部地域、特にアユタヤ県内への渡航を
計画されていれる方は、
現地の気象及び水害の状況等の情報収集・把握に努め、予
報や警報にも留意しつつ、
日程・移動経路又は訪問地を変更したり、
不要・不急の渡航・移動を控えるなど、
災害や不測の事故に巻き込まれないよう、
行動予定を慎重に検討してください。
また、同地域に滞在されている方は、
最新の情報を収集し、災害に備え、懐中電灯・携帯用ラジオ等を
手元に置いておくほか、飲料水・食糧を備蓄し、
家族等に緊急の連絡先を知らせ、事前に避難場所を確認するとともに、
必要な場合には安全な場所で待避する等の
安全対策を講じてください。

なお、バンコク都への渡航・滞在を予定されている方
及び滞在中の方も、チャオプラヤー川その他の河川・運河等の増水
及び冠水に十分注意するとともに、
今後の気象情報に十分留意し、安全確保に努めてください。

・・・

アユタヤ県の浸水範囲が日に日に広がっています。
日系企業が多数入居するロジャナ工業団地の
工場も一時操業停止の対策をとっている模様です。
これからさらに台風に見舞われる恐れもあり、
また満潮と重なる来週16〜18日頃、
バンコク都内においても
洪水被害が発生する危険性が高いようです。
今年の洪水は過去半世紀で最悪の被害なのですね。

〜参考〜
http://www.nationmultimedia.com/new/national/Oct-16-18-critical-for-capital-30167076.html


「トラーリのバンコクライフ」は人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

posted by tora-ri at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラーリ日和
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

2011年10月06日

アユタヤレポ

昨日うさぎさんがアユタヤに洪水被害の状況確認に行き、
撮影してきた写真を掲載します。

Flood@saha2.JPG
バンコクから北約90kmに位置するサハラタナナコン工業団地は
冠水して操業停止になっています。
入居日系企業数は約50社。
(2mから深いところで5mまで冠水している工場もあり、
 再開までには長期を要する見通し。)

Flood@Saha1.JPG
同工業団地へつながる国道はこの先ストップ。

School@flood.JPG
国道脇の小学校がここまで冠水。

Flood1.JPG
国道架橋から撮影。

今朝、ランシット近郊の河川流域でも浸水が始まっていると聞きました。
バンコクも危険です。


「トラーリのバンコクライフ」は人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

posted by tora-ri at 08:33 | Comment(4) | TrackBack(0) | トラーリ日和
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

2011年10月05日

モデルわん

昨日、サイアムソサイアティの視察に行ったら、
シーザー(ドッグフード)新商品のプレスをやっていました。
ceaser press.JPG

モデルのわんこがたくさんいたのですが、
なかでもとびっきり可愛かったのがこの子。
ceaser model1.JPG
「あたしモデル」

癒されますなぁ。

・・・

なんてのんきなことを書いていますが、
いま、タイでは深刻な洪水被害が発生しています。
昨日の時点でアユタヤのサハラタナナコン工業団地が浸水し
従業員が全て避難したと聞きました。
これ以上、被害が広範囲に及ばぬよう祈るばかりです。



「トラーリのバンコクライフ」は人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

posted by tora-ri at 07:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラーリ日和
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

2011年10月03日

ろう人形ブース

昨日、インパクトアリーナに「ラグジュアリーフェア」という
高級品展示会の視察に行ってきました。

Lazuary Fair1.JPG
高級車が並ぶゾーン。

その隣のゾーンでは日用品や食品フェアなど
ウィークエンドマーケットのように色々な商品が
販売されていたのですが・・・

プラ(お坊さん)が並ぶこのブース。
Phra1.JPG
これ、すべてろう人形です。
精巧につくられていますよね。

Phra2.JPG
いまにも語りだしそうな表情。

寺院に行くとよく
高僧のろう人形がガラスケースで
ディスプレイされているのを見かけますが、
こうやってまとめてブース販売されていると、なんとも・・・。



「トラーリのバンコクライフ」は人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

posted by tora-ri at 08:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | トラーリ日和
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

2011年09月28日

タンさん貯金箱

今日、仕事でICHITANのタン社長にご挨拶してきました。

Tan Coin Bank.JPG
帰りに、彼のサイン入り貯金箱をもらっちゃいました♪

タンさんは今、タイの中・北部で深刻な洪水被害者への支援活動を
自ら精力的に行っています。
10月20〜23日、ARENA10で支援イベントを開催するそうなので
トラーリも出かけてこようと思います。

↓タン社長、ウドム兄貴と共演のCM


「トラーリのバンコクライフ」は人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

posted by tora-ri at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラーリ日和
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

2011年09月25日

餃子の会@日月楼

約3ヶ月ぶりに開催された、餃子の会@日月楼。
日本より名誉会長とホルモンの集さんをお迎えし、
話題多き賑やかな集いとなりました。

Nasu110923.JPG
日月楼必須メニュー、「茄子フライ」。
(大学芋のように、甘辛ソースがからめてあります)
奥に写っている麻婆豆腐はバンコクいちです!
(グレート上海の麻婆もかなり美味しいですけどね)

日月楼定番の水餃子。
Sui-Gyoza110923.JPG

今回、2年ぶりに参加されたTさんの入会スピーチ「餃子と私」。
Speach110923.JPG
餃子にまつわる15年前の冷や汗体験談を語ってくださいました。
みごと全会一致で入会が決定、
コードネームは「露口亭気楽」と命名されました。

All110923.JPG
トラーリの参加も半年ぶりでしたが、
ほっこり美味しいひとときでした^^。



「トラーリのバンコクライフ」は人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

posted by tora-ri at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラーリ日和
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

2011年09月20日

Belli Belly

さいきん、トラーリのおなかはだいぶ膨れてきました。
じぶんの体重最高記録を日々塗り替えているかんじで、
このままどんどん増えていっていいのだろうか、
とやや不安になるくらいです^^。

でも、おかげさまで体調はよく順調です。
先週、コッコちゃんが女の子ということが判明し、
さらに実感が沸いて日々わくわくしています。
(トラーリに似てじゃじゃ馬にならぬよう願いつつ^^)

さて先日、所用でサイアムスクエアに行った帰りに、
こんなお店を見つけました。

Belli Belly1.JPG
Belli Bellyというマタニティウェアのお店。
これが、けっこうかわいくて、
機能的なデザインのウェアが多く、
この日、早速一着買ってしまいました。

あとで知ったのですが、
セントラルチットロムにも支店があるそうなので、
日本人でもご存知の方は多いかも知れませんね。

また行ってみようっと。

Belli Belly2.JPG
Belli Belly
http://bellibelly.com/home.php




「トラーリのバンコクライフ」は人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

posted by tora-ri at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラーリ日和
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

2011年09月18日

ちょいちょい

choichoi1.JPG
スクムビットソイ33/1に
7月下旬にオープンしたお好み焼き屋さん、「ちょいちょい」。
このあいだ通りかかったときに気になったので
昨日、入ってみました。

場所はパクソイ近く、三十三らーめんの右隣2階。
店内はこじんまりとしていて7割がカウンター席。
19時頃、単身の日本人男性が続々と来店し、
あっという間にカウンターが満席に。
テーブル席はわずか3卓ですが、
こちらは子供連れのご家族で賑わっていました。

choichoi2.JPG
お好み焼き(豚)190バーツ

ねぎ焼き(270バーツ)醤油味も試してみましたが、
トラーリとしてはスタンダードお好み焼きのほうが好み。
家庭的なお味でした。

「ちょいちょい」という店名は
タイ語の「チュイチューイ(ごく普通、そこそこ)」からつけたと、
どちらかのサイトで読みました。
うん、納得。
気取っていない「そこそこ感」が
気軽に入りやすい雰囲気をつくっているのかも知れません^^。



「トラーリのバンコクライフ」は人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

posted by tora-ri at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラーリ日和
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

2011年09月13日

今年はドンキ♪

もう13回目を迎える国際芸術祭。
毎年楽しみなんですよね。

13th BKK Inter-Festival.jpg

今年はマリンスキーバレエ団(ロシア)のドン・キホーテを観に行きます。
なんと、うさぎさんと初めてのバレエ観賞。
(うさぎさんは本格的なバレエの舞台を観るのは生まれて初めてのようです)
数ヶ月前、コンテンポラリーの舞台に誘って行ったら
爆睡していたので少々心配ですが、
さすがにマリンスキーのドンキには圧倒されて
まぶたが落ちてくることはない、と思われます。
(わからないですが・・・)

あー、楽しみ^^♪

Bangkok's 13th International Festival of dance and music
バレエのみならず、オペラ、コンテンポラリーダンス、
アイスダンス(氷上パフォーマンス)などのパフォーマンスもあります。

☆参照(タイチケットメジャー)
http://www.thaiticketmajor.com/performance/icp-2011-bangkok-13-th-international-festival-of-dance-and-music-eng.php


「トラーリのバンコクライフ」は人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

posted by tora-ri at 19:45 | Comment(3) | TrackBack(0) | トラーリ日和
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
人気blogランキングの順位をチェック!
トラーリのバンコクライフ